事業案内

訪問看護

訪問看護とは、病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご自宅で、その人らしい療養生活が送れるように医師や他の医療専門職、ケアマネジャーなどが連携し、支援するサービスです。
看護ケアを提供することで患者の療養生活をサポートするとともに、自立を目指した支援も行っています。
サービス内容としては、主治医の指示に基づき、保健師、看護師や准看護師、理学療法士等が、このサービスを必要とする方の生活する場所へ訪問し、病状の確認や点滴、医療機器の管理など、専門的な医療的ケアを提供します。

訪問看護
在宅看護

在宅看護

在宅看護は、医療機関への通院が困難な方や、終末期を家族とともに自宅で過ごしたいという方が主な対象です。
訪問看護との違いとして、かかりつけ医と相談しながらご自宅で家族などが看護やケアを行う点です。看護師や医療専門職スタッフが丁寧にサポートさせていただきます。
患者様が住み慣れた環境で精神的にも安定するので、症状が改善されることも期待できます。

在宅リハビリテーション

主治医より在宅リハビリテーションが必要と認められた方に対して、セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等)が直接ご自宅に伺い、心身の機能の維持・回復、日常生活の自立を支援するために、リハビリテーションを行うサービスです。また、介護する家族へのアドバイス・相談も行います。
通所リハビリテーションと違う点は、実際の生活環境に添った訓練ができること、利用者本人がリラックスして行えることです。

在宅リハビリテーション